カードローンの基礎知識記事一覧

急な入用が出たとか、欲しいものができたといった時にちょこっと気軽に借りることができるカードローンですが、カードローンはどのカードローンでも全く同じものではなく、大きく分けて銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンに分けられます。この2つのものはATMなどでカード使ってお金を借りるという点では全く同じですが、そのカードを手に入れるまでとその内容が全く違います。●銀行系のカードローン・金利銀行...

まずはカードローンを使う大前提を知るべし銀行系にしても消費者金融系にしてもお金を貸すにはきちんと返済してもらわなければなりません。そのお金は湧いて出てくるわけではなく、仕事をして稼がなければなりません。そのため、カードローンなどローンを利用するときの一つの条件として、どの企業も必ず、「安定した収入がある方」とか「安定し、なおかつ継続的な収入のある方」などといったものを提示しています。「安定した収入...

カードローンを利用する時の条件として、いろいろな書類を提出しなければならないことがあります。基本的にはカードローンを利用しようとしている人がどういった人間なのか、本人なのかということを証明するための本人確認書類、顔写真が張り付けられている免許証やパスポートなどが必要になるのと、場合によっては収入証明が必要になることがあります。そもそも収入証明とは?収入証明とは、読んで字のごとく、その方がどれだけ収...

カードローンを利用するということはお金を借りること、お金を借りるというのはある意味では人生の中で一大事となることです。通常では妻や夫、それ以外の家族全員でそういった家計状態である、お金を借りなければならない事情があるということを共有したうえで借りる方がいいかと思うのですが、場合によっては家族に内緒でお金を借りなければならないこともあるでしょう。友人などにお金を借りるというのであれば、その友人に家族...

カードローンを申し込むとその時に必ず言われるのが「仕事先に在籍確認を取らせていただきます」というセリフです。在籍確認は銀行系でも消費者金融系でもほぼ間違いなく行われるものので、ここで在籍確認が取れないと審査をクリアすることができないようになっています。要するに審査の一部として機能しているわけです。在籍確認とは?在籍確認とは、カードローンの申込書に書かれた仕事先に本当に勤務しているのかということを確...

お金を貸して、その利子で利益を上げる業者のことを消費者金融などといいます。これらの業者は銀行とは全く違うもので、銀行は預金などのメインとなり業務の傍ら、お金も貸す、融資するという形をとっているわけですが、消費者金融は主にお金を貸したことによって生まれる利息を利益とし、お金を貸すことがメインの業務となります。こういった業者のことを正式な言い方では貸金業者と呼びます。貸金業者には貸金業法という法律に基...

カードローンに限らず、借金をして、その返済は滞ってしまった場合、何かしらの手段でお金を貸した側からのアクションがあります。それにはいろいろな段階があって、下記のような形となります。●返済を滞納した時の流れ・請求書の送付・書留郵便または普通郵便による督促状の送付・内容証明郵便での督促・裁判手続き・裁判・強制執行例えば、指定引落口座にお金を入れ忘れたとか、ATMなどで返済をするのを忘れてしまったという...

カードローンを使うからにはきっと急ぎのお金が必要になったのでしょう。こういった時に例えば銀行のフリーローンなどを申し込んでもいいのですが、申し込みから書類集め、審査を経て、カード発行ということではすぐにはお金を借りることができません。その点、カードローンであれば、すべてではありませんが、カードを即日発行してくれ、その場でお金を借りることができるのです。●カードローンの申し込みから融資までの流れを知...

カードローンはだれでも利用することができるというものではなく、そのカードローンごとに利用条件というものが設定されています。一般的によくあるのが・20歳以上であること・安定した収入があること・保証会社の保証を受けることができることといったようなもので、年齢は20歳以上、要するに成人であればいいと言うことで上限は商品ごとに違うことが多く、70歳までとか完済時に65歳となる方までといった細かい条件が付け...

カードローンといっても500万円以上といった多額のお金を借りることができるものですので、お金を貸す側としてもそれなりの信用がなければ、簡単にそのような大金を貸すことはできません。そこで行うのが審査というものです。カードローンの審査とは審査は、消費者金融では自社内の審査部門で審査を行いますが、銀行系では保証を外部の保証会社や子会社である消費者金融の審査部門で行います。この審査ではお金を借りに来た人が...

カードローンに申し込んで、審査待ちをしていたら見事に落ちてしまった。さて、カードローンの審査に落ちてしまったらどうしましょう。すぐに他社のカードローンに申し込む、これも一つの手ですが、「へたな鉄砲数うちゃ当たる」的にあちこちのカードローンの申し込みを行うのは絶対にやめた方がいいでしょう。やってもいいのは多くても一件だけにしておいてそれ以上は止めるべきです。申し込みも管理されている実はカードローンに...

少子高齢化が進み、これから高齢者の社会保障はどうなってしまうのかなどといわれていますが、それは年金の受取額にも大きな影響を及ぼします。しかし、現状では全くお金が入ってこないということではなく、少なからず共入ってきているわけですから、例えカードローンを組んだとしても返済能力はある程度あるので、お金を借りることができるのではないかということになりますが、その答えは半分半分です。借りられるとも明言できま...

カードローンを申し込むときには提示されている条件にすべて該当していなければなりません。年齢や収入、必要書類の提出など業者によって多少の違いがありますが、これらのものはどの業者でも共通してあることだと思います。その中でも一番重要なのが、収入に関する面、商品説明の条件には「安定した収入がある方」などといったことが書かれていることが多いのですが、これは最低でも収入があるということが含まれていることになり...

実際にカードローンを使ってお金を借りるにはとりあえず消費者金融や銀行などに行って相談してみると詳しく教えてくれます。ただ、業者やそのカードローンの種類によって多少違ってくることになります。とりあえずいきなりそういったところに行って、説明を聞きながら手続きをする前に一度予習をしておくと間違いも少ないですし、ことがスムーズに運ぶと思います。相談まずは何はなくとも相談から始めます。目的としては望みの金額...

国民の個人情報をたった一つの番号だけで管理しようということで始まったマイナンバー制度。既に自分の番号を記載した書類を受け取っていることと思われますが、個人情報の漏えいや悪用など危険性がありながらもすでに始まってしまいました。●マイナンバーとはマイナンバー制度というのは、国民一人一人に固有のゼッケンをつけてそれを一元管理し、いろいろなものに活用しようというものですが、これは表向きの話、実際には国が個...

銀行系にしても消費者金融系にしてもカードローンなどでお金を借りようとする時には必ず必要書類というものが出てきます。一般的には本人確認書類というものと場合によっては収入証明書類が必要になることもあります。本人確認書類本人確認書類は読んで字のごとく、カードローンなどを申し込んだ人間がどういった人間なのかということを確認するのと、申込書の記入した情報が本当に本人のものなのかということを確認するために必要...

急にまとまったお金が必要になってしまった。しかし今日は土曜日、どの金融機関もお休み出し、預金にもそれほどお金が残っていない。さあ、困った・・・という時に便利なのが即日融資可能な消費者金融のカードローンです。即日とうたっているぐらいですから、その日のうちにお金を借りることができようにはなっていると思いますが何といっても土曜日、借り入れをするにしても銀行がやっていないので振込による借り入れができそうも...

カードローンなどのローン商品は基本的に返済能力内であれば、いくらでも借入をすることができますので、既に他社で借り入れを行っている方であってもその範囲内であれば、借り入れをすることができます。しかし、これは基本的な考え方であって、現実的には借りることができる場合とできない場合があります。借入ができない理由:総量規制に抵触する場合これは消費者金融だけでの話となりますが、消費者金融業に適用されている貸金...